2015年07月22日

健康・医療関連データ利用の動向~長期データ蓄積の工夫と柔軟な発想による分析

保険研究部 准主任研究員   村松 容子

医療制度 保険計理 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

近年、健康・医療関連データの分析が活発に行われている。健康・医療関連データとしては、一般に電子カルテやレセプトデータ、健康診断の結果、ウエアラブルデバイスや家庭用測定機器類で測定する活動量・健康情報等データがあげられるほか、SNSによる発信データも一部は関連が深いとされている。これらのデータを単独、またはいくつかのデータを連結して、”ビッグデータ”として分析することで、疾病の予防と医療費の適正化を行おうとするものだ。

本稿では、健康・医療関連データ利用の中で、特にウエアラブルデバイスや健康管理アプリの浸透と、2014年度から始まった「データヘルス計画」に代表されるレセプト分析に注目して、動向を紹介する。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
54_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

(2015年07月22日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【健康・医療関連データ利用の動向~長期データ蓄積の工夫と柔軟な発想による分析】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

健康・医療関連データ利用の動向~長期データ蓄積の工夫と柔軟な発想による分析のレポート Topへ