2015年03月31日

従業員の健康保持・増進に向けた企業の取組み~保険者種別に着目して(2014年度下期 ニッセイ景況アンケートより)

保険研究部 研究員   村松 容子

文字サイズ

■要旨

日本生命保険(相)とニッセイ・リース(株)は、取引先企業を対象に「ニッセイ景況アンケート調査 2014年度下期調査(2015年1月実施。回答企業数は4,138社。)」を実施し、(株)ニッセイ基礎研究所が集計・分析を行った。今回のアンケートでは、特別調査として「従業員の健康保持・増進に向けた企業の取組み」を取り上げ、対象企業における従業員の健康保持・増進に対する関心や現在および今後の取組みについて調査した。その結果、従業員の健康保持・増進への関心が高まっている企業が多いことのほか、今後、取組みを充実させようと考えている企業もあること等がわかった。しかし、その一方で、関心の高まり具合や取組み実施状況には、企業規模や保険者の種別によって差があることもわかった。

そこで、本稿では、企業の従業員の健康保持・増進に対する関心や取組み実施状況について、保険者種別、および企業規模別にどのような差があるかに着目して分析を行った。

54_ext_01_0.jpg

保険研究部   研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
共済計理人・コンサルティング業務、生保市場調査

(2015年03月31日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【従業員の健康保持・増進に向けた企業の取組み~保険者種別に着目して(2014年度下期 ニッセイ景況アンケートより)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

従業員の健康保持・増進に向けた企業の取組み~保険者種別に着目して(2014年度下期 ニッセイ景況アンケートより)のレポート Topへ