2015年02月04日

確定拠出年金制度がさらに拡充・便利に~平成27年度税制改正

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

12月末に、来年度の税制改正の大枠が決まった。年金税制では、今後、確定拠出年金に誰でも加入できるように税制上の手当が行われた。ほかにも、自助努力を後押しするべく、確定拠出年金制度の加入者やポータビリティの拡充など、制度を柔軟かつ有利に取扱える改正があり、こうした動きは今後も続くだろう。なお、特別法人税撤廃は今回もならなかった。

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【確定拠出年金制度がさらに拡充・便利に~平成27年度税制改正】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

確定拠出年金制度がさらに拡充・便利に~平成27年度税制改正のレポート Topへ