2015年01月20日

ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

年初120円台半ばでスタートしたドル円相場は調整局面入りし、月半ばには一時115円台まで円高が進んだ。原油安の悪影響への懸念やギリシャ不安の再発、スイス中銀の突然の政策変更などで、市場がリスク回避的になり、円の買い戻しが起きた。足元では118円台前半に戻しているが、年初の水準にはまだ距離がある。

米国経済回復を背景とする日米金融政策の方向感の違いは崩れておらず、今後の円安ドル高シナリオは揺るがない。問題はドルの上昇を阻んでいるリスク要因の動向だ。影響が大きいのは原油安とギリシャ不安だが、どちらもしばらく引きずりそう。ただし、春頃には需給改善の兆しから原油は下げ止まり、ギリシャ情勢も着地点が見えてくるだろう。従って、しばらくは不安定な情勢が避けられないが、3ヵ月後には年初の水準を回復すると見ている。

ユーロ円相場はECBの量的緩和観測とギリシャ不安、スイスフランの上限撤廃によってユーロ安が進行してきた。最大の焦点であるECBは近々追加の対応に踏み込む可能性が高いが、市場での織り込みもかなり進んでいると見られるため、3ヵ月後のユーロ円は現状比横ばい程度と予想。

長期金利は、日銀の国債買入れによる需給の逼迫に加え、原油安やリスク回避による債券選好を受けて、0.2%付近まで低下している。今後はリスク回避の緩和や利上げ観測に伴う米金利上昇が上昇圧力となるが、日銀の国債買入れによって強力に抑制されるため、今後3ヵ月間は現状比で大差ない水準に留まると予想している。

(執筆時点:2015/1/20)

42161_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号のレポート Topへ