2015年01月16日

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 1月25日のギリシャの議会選挙が迫ってきた。最大野党SYRIZA勝利の観測は、年明け後の世界的株価下落の一因となったが、その後の影響は12年に比べて限定的だ。
  2. 足もとのユーロ安の主な要因はギリシャ政局よりも、むしろ欧州中央銀行(ECB)の追加緩和期待にある。ギリシャ以外の国債の利回りは低下している。現在では、欧州安定メカニズム(ESM)など伝播を防ぐ「防火壁」も厚くなっている。
  3. ギリシャの財政事情も変わった。EU・IMF・ECB(トロイカ)の支援の一環として12年に行われた民間の損失負担による債務再編、公的支援に関する負担軽減、国債買戻しを通じて政府債務の残高は削減、満期が長期化し、財政の基礎的収支は黒字化した。
  4. ギリシャの耐性も向上し、債務不履行の場合の銀行システムを通じた影響は限られるようになったとは言え、ギリシャの安定はトロイカの監視下にあってこそ保たれている。SYRIZAを中心とする政権がトロイカとの合意からかけ離れた政策を実行した場合、支援打ち切りだけでなく、ECBの金融政策からも切り離されることになる。
  5. SYRIZAも、その支持者もユーロ圏からの離脱、EUからの脱退に発展することは本意ではない。SYRIZAも一方的な政策転換は否定している。トロイカとの妥協の余地を探る見通しだ。新政権には既得権益に切り込めるかどうかが問われよう。

解散総選挙決定後の世論調査に基づく政党別獲得議席数予測~SYRIZA第1党は確実視、単独過半数は困難~

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~のレポート Topへ