2014年12月03日

年金運用における流行と真理

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

年金運用の歴史を振り返ると、注目を集めるトピックが、時々に変化することを感じる。一時の流行に過ぎないものがある一方、その後に長く影響を及ぼすものも見られる。これまでの投資のあり方を見直す契機になるものもあり、時には、深く考えてみることも有用である。

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【年金運用における流行と真理】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金運用における流行と真理のレポート Topへ