2014年12月02日

年金改革ウォッチ 2014年12月号~ポイント解説:今後の年金改革の基本方針

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

1 ―― 先月までの動き
 年金積立金に関する作業班や年金部会、企業年金部会が精力的に議論を進めています。8月時点で年内の取りまとめが計画されていましたので、衆議院議員選挙後から年末にかけてのいずれかの時点でとりまとめが公表されると思われます。

2 ―― ポイント解説:給付削減の1・2階同時終了
 年金部会では取りまとめに向けた議論が始まりました。本稿では、11月19日の部会で確認された「各検討項目を貫いて今後の制度改革の基本に置くべき考え方」(以下、基本方針)について考えます。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ 2014年12月号~ポイント解説:今後の年金改革の基本方針】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ 2014年12月号~ポイント解説:今後の年金改革の基本方針のレポート Topへ