2014年09月30日

ソルベンシーIIの準備は順調?-英国における現在の動き

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

【要旨】

欧州ソルベンシーIIについては2016年の発効が決まり、イギリス国内でもそれに対応する国内法の検討が進められている。現時点での特に大きな関心事は、マッチング調整と内部モデルの事前承認の基準づくりのようだ。その他の事項も含め、イギリスの保険監督を担うPRAでは予定を前倒しして、業界との調整や検討を進めている。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【ソルベンシーIIの準備は順調?-英国における現在の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソルベンシーIIの準備は順調?-英国における現在の動きのレポート Topへ