2014年08月21日

都市力アップが期待される仙台の開発動向

金融研究部 不動産運用調査室長   加藤 えり子

文字サイズ

<要旨>

仙台では、JRによる駅ビル開発が他の政令指定都市より出遅れていましたが、ようやく駅舎と一体となった商業施設、ホテルが着工されました。あわせて、仙台市街地では新しい地下鉄東西線の開業を来年に控えており、駅周辺では新たな街、施設が姿を現し始めています。しかし、商業施設や住宅の開発には勢いがありますが、オフィス開発は抑制気味で、地域経済をさらに牽引する仕掛けが必要といえます。外国人の入込客増加を視野に行政も動き出す中、仙台の街がどのように変化しつつあるのかを概観します。

このレポートの関連カテゴリ

6_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産運用調査室長

加藤 えり子 (かとう えりこ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【都市力アップが期待される仙台の開発動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

都市力アップが期待される仙台の開発動向のレポート Topへ