2014年07月03日

時価加重インデックスへの疑問と「スマートファクター」

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

年金運用では各アセットクラスの値動きを表す時価加重インデックスを利用してリスクとリターンを推計し、それらに基づき政策アセット・ミックスを構築する。しかし近年、時価加重インデックスの運用成果に疑問が呈されている。一方、それを解決する新しい運用手法が提案されているが、「スマートファクター」という方法を紹介し、年金運用への可能性を検討する。

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【時価加重インデックスへの疑問と「スマートファクター」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

時価加重インデックスへの疑問と「スマートファクター」のレポート Topへ