2014年03月25日

アクティニアが住まいに求めるもの~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

文字サイズ

■はじめに

拙著「持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態」では、持ち家や他のUR賃貸住宅からUR賃貸住宅に住み替えたアクティニアの意識を捉えて、自分のライフスタイルに合わせて住み替える志向の高いアクティニアのニーズに応じた住み替え誘導が、アクティニアを地域再生の担い手へと導くと結論付けた。では、いったい一般にアクティニアはどの程度存在し、住み替え希望はどのくらいあるのか、また、どのような住まいを求めているのかを把握するべく、2011年9月に首都圏に在住する50歳以上の世帯主を対象にウェブアンケート調査を実施した。本稿ではその調査結果を基に、住み替えを希望するアクティニアの実態を掘り下げる。

このレポートの関連カテゴリ

64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

(2014年03月25日「ジェロントロジージャーナル」)

レポート

アクセスランキング

【アクティニアが住まいに求めるもの~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アクティニアが住まいに求めるもの~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~のレポート Topへ