2013年12月16日

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の16、先行きは14へ

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

  1. 大企業製造業の業況判断D.I.は16と前回9月調査比で4ポイント上昇し、4四半期連続となる景況感改善が示された。D.I.の水準は2007年12月以来6年ぶりの高水準。また、大企業非製造業のD.I.も引き続き改善した。前回調査以降、高水準の公共工事や住宅投資、一部駆け込み需要等を背景とした底堅い消費といった内需がけん引役となる形で全体として景気回復基調を維持しているほか、円安に振れていることが輸出採算にとって追い風となった。中小企業も製造業、非製造業ともに改善し、景況感の改善が波及してきている。一方、先行きは企業規模や製造・非製造業を問わず弱含んだ。国内ではぎりぎりまで駆け込み需要が期待される小売業以外では反動減への警戒感が先んじて現れた可能性がある。また、海外経済の先行きについて不透明感が残る点も影響しているとみられる。
  2. 13年度設備投資計画(全規模全産業)は12年度比4.5%増と前回(3.3%増)から上方修正された。ただし、例年12月調査では計画が固まってくることに伴って上方修正される傾向が強い点を踏まえると、本格回復とは言えないレベル。先送りとみられる動きも続いている。アベノミクス開始から約一年が経過し、内需の回復や円安の定着といった国内生産への追い風は吹くものの、国内生産の水準が未だに十分回復していないことなどを受けて、企業の国内投資に対する慎重姿勢が引き続き垣間見える結果と言えるだろう。



41235_ext_15_1.jpg
82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の16、先行きは14へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の16、先行きは14へのレポート Topへ