2013年11月19日

中国保険市場の最新動向(4)中国生保大手、減益目立つも販売チャネル、商品の転換が奏効 -晒される理財商品との競争、資本市場の低迷-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨


中国の生保市場は、最大手の内国系生保5社のみで市場の7割以上、内国系生保全体では95.2%のシェアを占め、市場の占有率が高い。一方、外資系生保については、シェアは4.8%と小さいものの、新たな勢力として「銀行系生保」が上位に急浮上してきている。

2012年の生保市場は、緩やかな回復がみられたものの、これまでの銀行窓販規制や銀行の理財商品との競争、更に長引く資本市場の低迷の影響を受けて、大手各社では軒並み減益となった。

しかしながら、各社では販売チャネルや商品の軸足は銀行窓販による有配当保険に置きながらも、販売チャネルについてはエージェント、商品は銀行の理財商品の競争に晒されない医療・傷害保険の強化に向けた動きが見られる。

これまで保険会社の資産運用の規制緩和は段階的に進められてきた。しかし、この4年間は運用利回りが低下し続けており、2012年以降、主務官庁は収益拡大に向けて、投資範囲の拡大や投資制限の緩和に向けた積極的な対策をとっている。



53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

(2013年11月19日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【中国保険市場の最新動向(4)中国生保大手、減益目立つも販売チャネル、商品の転換が奏効 -晒される理財商品との競争、資本市場の低迷-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国保険市場の最新動向(4)中国生保大手、減益目立つも販売チャネル、商品の転換が奏効 -晒される理財商品との競争、資本市場の低迷-のレポート Topへ