2013年09月17日

2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?

生活研究部 准主任研究員   金 明中

文字サイズ

<要旨>

  1. 厚生労働省の諮問機関である中央最低賃金審議会小委員会は、8月6日に2013年度の最低賃金の引き上げ幅の目安を全国平均で14円とすることを決めた。上げ幅は、2010年度以来、3年ぶりの高い水準であり、実現すれば最低賃金の全国平均額は今の749円から763円となる。
  2. 今回の最低賃金引き上げの効果のポイントを挙げると、最低賃金で働く人の手取り収入が生活保護を下回る「逆転現象」が、ほぼ解消されることになったことである。逆転現象は、11都道府県で起きており、最低賃金と生活保護との差額が最も大きかった北海道では、時給ベースで最低賃金と生活保護の差額がマイナス22円になっていた。今回の最低賃金の引き上げによりこの11都道府県のうち、北海道を除く10都府県で、逆転現象が解消されることとなった。
  3. OECD主要国における「平均賃金」や「賃金の中位値」に対する最低賃金の水準を見ると、日本はそれぞれ33.3%と38.4%でOECD25ヶ国の平均37.8%と49.5%を大きく下回っている。
  4. 日本の最低賃金の水準は他の国と比べて低く、さらに正規労働者と非正規労働者の間の賃金格差が依然として大きく残っている。最低賃金の更なる引き上げを含めて、働く貧困層に対する十分な対策が必要であるだろう。
  5. 円安による物価上昇や消費税増税が予定されている中で実施された最低賃金の引き上げが、労働者の生活や企業活動、そして雇用にどういう影響を与えるのか、今後の動きに注目するところである。

このレポートの関連カテゴリ

32_ext_01_0.jpg

生活研究部   准主任研究員

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

レポート

アクセスランキング

【2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2013年度の最低賃金引き上げ幅の目安が決定 - 日本の最低賃金は世界の中で低い水準、賃上げの影響は?のレポート Topへ