2013年07月05日

本格化する「重点分野」の介護ロボット開発支援-ロボット介護機器開発・普及の推進に向けて-

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

■見出し

1――本格化するロボット介護機器(介護ロボット)の開発支援
2――「重点分野」の各ロボット介護機器(介護ロボット開発)の概略
3――今後のロボット介護機器(介護ロボット)開発への期待


■はじめに

最近まで、介護ロボット(ロボット介護機器)の開発は、その方向性が不明瞭で開発環境についてもやや混沌とした状況にあった。しかし、経済産業省の2013年度事業が展開されることによって、その状況が大きく改善される可能性が高まっている。本稿では、本格的な開発支援が開始される経済産業省の「平成25年度 ロボット介護機器開発・導入促進事業」の概要に手短に触れるとともに、開発支援の対象となる「ロボット技術の介護利用における重点分野」(2012年11月に厚生労働省と経済産業省が同時公表、以降では「重点分野」)の各介護ロボットの概要を示し、簡略な検討を加えたい。

このレポートの関連カテゴリ

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【本格化する「重点分野」の介護ロボット開発支援-ロボット介護機器開発・普及の推進に向けて-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

本格化する「重点分野」の介護ロボット開発支援-ロボット介護機器開発・普及の推進に向けて-のレポート Topへ