2013年06月05日

主婦年金問題の再確認:法案成立後も退職時の周知が不可欠

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

今国会に主婦年金対策を含む年金改正法案が提出された。法案には主婦年金問題が再発しないよう対策が盛り込まれているが、それでも「本人次第」の部分が残る。法案成立後も、手続き漏れが生じないよう、定年や中途を問わず、退職予定者への周知が重要となるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【主婦年金問題の再確認:法案成立後も退職時の周知が不可欠】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

主婦年金問題の再確認:法案成立後も退職時の周知が不可欠のレポート Topへ