2013年05月28日

欧州年金基金の健全性規制 -定量的影響度調査の結果速報

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

【要旨】

欧州において、年金基金に関して保険会社のソルベンシーIIと同様の健全性規制を導入するための定量的影響度調査が行われ、4月上旬に結果の概要が公表された。

結果とともに寄せられた意見は「複雑でコストがかかる」「数理的な前提次第で大きく変動し、結果を信用できない」など芳しくない。多くの年金基金が、「このままだと、DBからDCへの動きが加速する」「運用資産を株式から国債にシフトせざるをえない」との印象を抱いている。

導入スケジュールは予定より遅れるようである。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【欧州年金基金の健全性規制 -定量的影響度調査の結果速報】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州年金基金の健全性規制 -定量的影響度調査の結果速報のレポート Topへ