2013年05月01日

【アジア新興経済レビュー】生産・輸出の鈍化が目立ちはじめた

研究員   高山 武士

文字サイズ

  1. 4月に発表されたアジア新興国・経済の各種指標からは、生産や輸出での伸び悩みが目立つようになってきた。4月には韓国や台湾ではGDP統計も公表されており、いずれも冴えない結果であった。そのため、先行きの不透明感が強くなっており、特に、円安の定着などの輸出環境悪化による悪影響の懸念が高まったと言える。ASEAN主要国では、自動車販売などの内需が依然として堅調ではあるが、伸び率は昨年後半時点より低下している。5月にはASEAN主要国のGDPも発表されるため、昨年見られたような高成長率を維持できるか注目される。
  2. インドでは、WPIの伸び率が鈍化したため、今月3日に開かれる金融政策決定会合で利下げが実施されるか注目される。最近の経済指標は改善しているものの、勢いに欠けるため、利下げを実施して、経済促進をはかるとみられる。ただし、中央銀行は前回の利下げ時に、すでに金融緩和に消極的な姿勢を見せていること、CPIが依然として2桁の高い伸び率を見せていることから、利下げ幅は0.25%と限定的になると見られる。
  3. その他、5月はマレーシアでの総選挙も注目だろう。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【アジア新興経済レビュー】生産・輸出の鈍化が目立ちはじめた】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【アジア新興経済レビュー】生産・輸出の鈍化が目立ちはじめたのレポート Topへ