2013年03月08日

3月ECB政策理事会:利下げを議論も、幅広いコンセンサスで据え置きを決定

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)は7日に成長率、インフレ見通しを下方修正し、政策理事会では利下げについても議論したが、幅広いコンセンサスで政策金利の据え置きを決定した。
金融市場の改善の実体経済への波及は弱く、債務危機国ばかりでなく、フランスやオランダなど中核国の景気の足取りの重さも目立つ。ECBは、当面、利下げについての協議を継続することになりそうだが、その一方で、3年物長期資金供給(LTRO)の前倒し返済という形での出口戦略も並行して進むだろう。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【3月ECB政策理事会:利下げを議論も、幅広いコンセンサスで据え置きを決定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

3月ECB政策理事会:利下げを議論も、幅広いコンセンサスで据え置きを決定のレポート Topへ