2013年02月08日

2月ECB政策理事会:行過ぎたユーロ高は警戒の構え

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

欧州債務危機 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)は7日に政策理事会を開催、前回同様の経済・物価の現状判断と見通しを踏襲し、全会一致で政策金利の据え置きを決定した。
ドラギ総裁は、3年物LTROの前倒し返済が進んでも金融政策はなお「緩和的」と評価、ユーロ相場は名目・実質ともに長期平均並みとしつつも、行過ぎたユーロ高は警戒する構えを示した。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2月ECB政策理事会:行過ぎたユーロ高は警戒の構え】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2月ECB政策理事会:行過ぎたユーロ高は警戒の構えのレポート Topへ