2013年01月28日

中国の生保市場-必要とされている保険は?-北京市を例に-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■見出し

1|北京市-保険の普及が最も進んだ地域
2|加入意向が高いのは医療費や入院費を対象とした医療保障
3│自己負担が重い医療保険制度
4│加入決定に重要なのは、保険金・給付金の請求手続きの簡素さ、迅速さ

■introduction

中国では保険商品を「いざというときの家族の生活保障」というよりは、「金融商品(貯蓄や財産形成)の1つ」として捉える傾向が強いとされている。実際、保険料収入ベースの商品構成をみると、養老保険を中心とする貯蓄性を持つ商品が全体の8割を占めている状態だ。
しかし、必要とされている保険や今後加入を希望する保険はそういった保険ばかりであろうか。中国で保険が最も普及しているとされる北京市において、住民を対象に、北京市保険学会が複数のメディア等と共同で実施した調査では、保険の加入目的は「医療保障」が最も多く、現在加入している保険、今後加入を希望する保険についても「医療保険」、「傷害保険」が上位に挙げられている。日本と中国では公的医療保険制度は大きく異なり、中国では医療リスクに対する保障がより強く求められる傾向にある。




このレポートの関連カテゴリ

53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国の生保市場-必要とされている保険は?-北京市を例に-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国の生保市場-必要とされている保険は?-北京市を例に-のレポート Topへ