2012年09月27日

レセプトデータを利用した疾病状況分析の試み

保険研究部 研究員   村松 容子

文字サイズ

■見出し

1――はじめに
2――疾病状況がわかる統計
3――レセプトデータによる分析
4――集計結果
5――今後の展望

■introduction

一般に傷病の発生状況や医療費の動向を知るための統計として、厚生労働省の「患者調査」や「国民医療費」が使われる。これらの統計は、医療施設や医療費の利用状況を、属性別や傷病別で時系列で捉えることができるが、個々の患者が診療の過程でどの程度受療し、どの程度医療費がかかったかについてはわからない。
生命保険とのかかわりで言えば、個々の患者の受療状況や医療費への関心が強い。そこで、本稿では、「乳がん」を事例に、公的統計では捉えられない個々の患者についての受療状況や医療費、およびこれらの分布について、レセプトデータを使った分析を試みる。




このレポートの関連カテゴリ

54_ext_01_0.jpg

保険研究部   研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
共済計理人・コンサルティング業務、生保市場調査

レポート

アクセスランキング

【レセプトデータを利用した疾病状況分析の試み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

レセプトデータを利用した疾病状況分析の試みのレポート Topへ