2012年07月26日

変化の時代を生き抜く経営戦略

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

文字サイズ

■見出し

1――はじめに
2――内需企業の収益環境の変化
3――変化の時代に求められる経営戦略
4――おわりに

■introduction

原油高や資源高、消費者の節約志向の高まりなど、国内物価の変化が企業の収益環境を圧迫する一つの要因となり、売上高が増えても利益は増えにくくなっている。こうした中、多くの企業が効率化に取り組んだが、「コスト削減は限界」と考える企業も多いようだ。
国内人口の減少や高齢化が確実視され、世界情勢もめまぐるしく変化する時代、どのような経営が求められるのだろうか。過去10年間に増益を繰り返してきた企業を分析すると、そこから見えたのは、決して華やかではないが、自社の強み・弱みを正確に分析し、メリハリの効いた経営戦略を着実に実践する姿であった。




このレポートの関連カテゴリ

66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【変化の時代を生き抜く経営戦略】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

変化の時代を生き抜く経営戦略のレポート Topへ