2012年06月11日

5月マネー統計~積みあがってきた預金に変化

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向:伸び率は横ばいに
・マネタリーベース:3ヵ月ぶりに前年比プラス化
・マネーストック:積みあがってきた預金に変化

■introduction

日銀が発表した5月の貸出・資金吸収動向等によると、銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は0.4%(前月も同様)と、前月から横ばいになった。業態別で見ても、地銀が前年比2.1%増、都銀等が同▲1.3%減と、それぞれ前月から変化は無かった(図表1~5)。
銀行貸出は堅調な推移を示しているものの、伸び率の改善には一服感が出てきている。

これまでの改善を後押ししてきた電力会社向け融資、M&A資金、復興関連需要の3本柱による寄与は今後とも期待されるため、銀行貸出は当面プラス圏を維持すると考えられる。ただし、5月以降の欧州危機再緊迫化は懸念材料。企業マインドが大きく悪化する事態になると、設備資金を中心とした資金需要にも悪影響を及ぼしかねない。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【5月マネー統計~積みあがってきた預金に変化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

5月マネー統計~積みあがってきた預金に変化のレポート Topへ