2012年05月18日

ギリシャのユーロ離脱-誰も望んでいない結末に至る可能性-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 6月17日の実施が決まったギリシャの再選挙での反緊縮派政権の誕生が、無秩序なデフォルト(債務不履行)とユーロ離脱につながるとの見方が勢いを増している。
  2. 新政権とEU・IMFが妥協点を見出せなければ、支援は打ち切られ、ギリシャ政府の資金繰りが行き詰まり、ギリシャの銀行は国債を担保にECBからユーロ資金の供給を受けることもできなくなるリスクはある。ギリシャの民意「緊縮策の撤回とユーロ圏残留」を文字通り両立することは困難だ。
  3. 財政の基礎的収支も経常収支も赤字で、製品の輸入依存度が高いギリシャにとってユーロ離脱は一層の経済・社会の混乱につながる恐れがある。ユーロ圏・EUのギリシャ・ショックへの耐性は当初に比べれば向上しているとは言え、経済的影響にとどまらず、危機管理能力への信頼さらに統合の理念、欧州の連帯が傷つくという痛手は深刻だ。
  4. 筆者は誰も望んでいない結末を回避すべく、ギリシャ新政権とEU・IMFが妥協点を探る穏当な決着を期待しており、可能性も高いと見ているが、ギリシャ国民の選択と政治家の調整力に負う部分は大きく、しばらくは不安心理が市場を支配する状況が続こう。



39898_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【ギリシャのユーロ離脱-誰も望んでいない結末に至る可能性-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ギリシャのユーロ離脱-誰も望んでいない結末に至る可能性-のレポート Topへ