2012年04月26日

韓国2012年1-3月期GDP:前期比+0.9%~回復しつつある経済だが、はたして持続可能か

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:持ち直しつつある経済
・今後:はたして持続可能か

■introduction

韓国銀行(中央銀行)は4月26日、2012年1-3月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。前期比(季節調整済)では0.9%の増加となり、2011年10-12月期の+0.3%から成長率が加速したことが明らかになった(図表1)。
GDP成長率を需要項目別に見ると、1-3月期は10-12月期からほぼ全ての項目で前期比プラスとなった。内需については、個人消費が前期比+1.0%、設備投資が同+10.8%と10-12月期のマイナス成長(それぞれ個人消費が▲0.5%、設備投資が▲4.3%)から反転した。特に設備投資の増加が目立つが、これは半導体産業を中心に資本増強が見られたことによる。また、政府は政策を大企業重視から国民の生活安定に重点を移しており、政府支出も前期比+3.1%と10-12月期の▲0.8%からプラス成長に転じた。外需に関しても、10-12月期からは持ち直しつつある。自動車や石油化学製品の輸出が伸び、前期比+3.4%と10-12月期の▲2.3%から反転した。輸入が輸出の伸びを上回ったため、純輸出のGDP成長率への寄与はマイナスとなっているが、輸出の増加が見られたことは国内経済を促進させる要因であり、韓国経済にとって良い材料と言える。
供給項目別に見ると(図表2)、主要産業である製造業が前期比+2.2%とプラス成長に転じたことが成長の原動力であることが分かる。特に輸出が伸びた自動車産業や石油化学産業が成長に貢献した。
2012年1-3月期のGDP統計からは韓国経済に底打ちの兆しが見られたことが分かった。ただしトレンドを掴みやすい前年同期比(原系列)では2.8%の増加と、10-12月期の+3.3%からは低下しており、回復は穏やかなものにとどまっていると考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【韓国2012年1-3月期GDP:前期比+0.9%~回復しつつある経済だが、はたして持続可能か】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

韓国2012年1-3月期GDP:前期比+0.9%~回復しつつある経済だが、はたして持続可能かのレポート Topへ