2012年04月13日

電力不足はどこまで深刻なのか

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

  1. 原子力発電所の相次ぐ停止によって電力供給力が大幅に低下しており、電力需要がピークを迎える夏場には電力が大幅に不足することが懸念されている。
  2. 当研究所の試算では、今夏の最大電力需要が昨年並みであった場合、東日本では供給が需要を上回るが、中西日本では電力需給が厳しく、中部電力、関西電力、四国電力の3社は供給が需要を下回る電力不足の状態に陥る可能性がある。
  3. ただし、電力の不足幅は最も大きい関西電力でも▲4%程度とそれほど大きくない。供給力の積み増しやさらなる節電の取り組みによって、大規模停電などの深刻な事態を招くことは避けられるだろう。また、東日本大震災以降、企業、家計双方の努力によって経済活動を行うために必要な電力消費量が低下しているため、節電による経済への影響は限定的にとどまるとみられる。
  4. 懸念されるのは、電力供給に関する正確な情報が提供されないことによって、経済活動が必要以上に抑制されてしまうことである。その意味で、政府が電力会社任せではなく、第三者の評価を採り入れることで電力需給見通しの精度を高める方針を決めたことは評価できる。企業、家計が適切な節電対策を講じることができるよう、正確な供給力見通しをできるだけ早期に示すことが求められる。



39824_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【電力不足はどこまで深刻なのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

電力不足はどこまで深刻なのかのレポート Topへ