2012年04月02日

日本の経常収支赤字化と財政問題

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

2011年の日本の貿易収支は48年ぶりに赤字となった。貿易収支に利子・配当などを加えた経常収支の赤字化にはいましばらく時間がある。当研究所では2020年代に入ってからと予想している。経常赤字になれば今までとは違って国債発行を海外資金に頼らざるをえなくなる。経常黒字、低金利のうちに財政再建の道筋をつけなければならない。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日本の経常収支赤字化と財政問題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本の経常収支赤字化と財政問題のレポート Topへ