2012年03月30日

中国の高齢者医療対策~上海市の社区における医療保険制度~

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■見出し

1――急速に進む高齢化
2――上海市における高齢者への医療対策
3――上海市の社区医療サービスの評価と課題

■introduction

中国における60歳以上の高齢者数は、2010年時点で1億7800万人と、全人口に占める割合は13.3%となっている。国務院は2015年までの第12次5ヵ年計画中に、60歳以上の高齢者人口の増加の第1波が訪れ、期間中は年間860万人のペースで増加、2015年末には60歳以上の高齢者人口は2億人を超え、総人口のおよそ16%が高齢者となると予測している。
中国では都市によって高齢化の進捗が異なるが、最初に人口の高齢化に突入した上海市では60歳以上の人口が331万人、常住人口に占める割合は14.4%となっている。加えて、上海市は2015年までの第12次5ヵ年計画中に60歳以上の人口が毎年およそ20万人の規模で増加すると推算しており、2015年には60歳以上の高齢者の数は常住人口のおよそ20%弱を占めるとされている。

53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国の高齢者医療対策~上海市の社区における医療保険制度~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国の高齢者医療対策~上海市の社区における医療保険制度~のレポート Topへ