2012年03月09日

欧州経済見通し~次の課題は危機国の成長と雇用の支援~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. ギリシャの債務再編は昨年7月段階の想定を大きく上回る規模になったが、総額1兆ユーロ超のECBの3年物資金供給が緩衝材となり、秩序の維持に成功しつつある。
  2. ユーロ圏全体では、「ユーロ圏レベルでの対応」、「ECBの政策」、「各国の努力」という3つの歯車がおおむね調和を保ったことで、2012年の成長率はマイナス0.1%とマイルドな景気後退に留まる見通しだ。
  3. EFSF/ESMの支援能力拡充後のユーロ圏レベルでの危機対応の主題は過剰債務圧縮と競争力回復の両立に挑む南欧等の成長と雇用の支援。域内格差是正手段として財政統合やユーロ債導入のハードルは高すぎ、EU財政やEIBなど既存の枠組みの有効活用や技術支援が現実的。各国事情を配慮したルールの適用も重要だ。
  4. ユーロ圏がとりあえず深刻な景気後退を回避したことはイギリスにとっても好材料である。成長率は一時的要因も影響し一進一退が続くが、基調は緩やかな回復となろう。



39752_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~次の課題は危機国の成長と雇用の支援~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~次の課題は危機国の成長と雇用の支援~のレポート Topへ