2012年01月13日

1月ECB政策理事会:政策効果見極めのため、全員一致で現状維持を決定

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・すでに決定済みの政策効果を見極めるため、全員一致で現状維持を決定
・3年物資金供給は「銀行の資金繰り改善に寄与」
・可能性が高い政策金利据え置き、国債買い入れ継続、必要に応じた銀行の資金繰り支援拡充
・ギリシャ政府の元本削減交渉、為替相場の動向は静観の構え

■introduction

債務危機拡大への不安がくすぶる中で12日に開催された1月の欧州中央銀行(ECB)政策理事会は全員一致で現状維持を決めた。声明文では、12月の初の3年物オペは銀行の資金繰り改善に寄与したと評価、急激な景気悪化に歯止めが掛かりつつある兆候にも言及した。
ECBのユーロ危機克服策として、市場では引き続き追加利下げや国債買い入れ拡大への期待が高いが、筆者は、先月までに決定済みの政策効果を見極めるため、政策金利は1%で据え置き、国債買い入れは従来のスタンスのままで継続、銀行の資金繰り支援は必要に応じて拡充・延長するという組み合わせとなる可能性が最も高いと考えている。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2012年01月13日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【1月ECB政策理事会:政策効果見極めのため、全員一致で現状維持を決定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1月ECB政策理事会:政策効果見極めのため、全員一致で現状維持を決定のレポート Topへ