2011年12月21日

12月日銀決定会合:2ヶ月連続で下方修正、今年の振り返りと来年の展望

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・今年の最後の決定会合は、現状維持
・2011年の金融政策 : 3度の基金増加の緩和、緩和のテーマは少しずつ変化
・2012年の金融政策 : ポイントは「回復シナリオ」をどこまで引っ張れるのか?メインシナリオは基金増額、
  回復シナリオ維持できなければ、かなり大胆なことも議論の遡上に

■introduction

日銀は20-21日に今年最後の金融政策決定会合を開き政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0-0.1%程度に据え置き(全員一致)、総額55兆円の基金による各種金融資産買い入れも据え置いた。
前回の11月会合では、足元の判断について、景気持ち直しのペースが緩やかになっているとしていたが、今回は「持ち直しの動きが一服している」に2ヶ月連続で下方修正した。
先行きについても、当面は横ばい圏内の動きになるとし、海外経済の減速や円高などを背景に、日本経済はしばらく停滞が続くとの認識を示した。
ただし、横ばい後は、新興国・資源国に牽引される形で海外経済の成長率が再び高まることや、震災復興関連の需要が徐々に顕在化していくことなどから、緩やかな回復経路に復していくとの「回復シナリオ」は維持されている。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【12月日銀決定会合:2ヶ月連続で下方修正、今年の振り返りと来年の展望】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

12月日銀決定会合:2ヶ月連続で下方修正、今年の振り返りと来年の展望のレポート Topへ