2011年12月01日

米国企業年金の最近の取組み(出張報告)

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

10月末から11月初めというタイミングで、米国東海岸において複数の年金関係者にインタビューする機会を得た。既存の各資産クラスから得られるリターンが低水準に留まり、価格変動の大きな環境下での年金運用の枠組みについて、日本でも改めて見直す必要がありそうだ。

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【米国企業年金の最近の取組み(出張報告)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国企業年金の最近の取組み(出張報告)のレポート Topへ