2011年09月13日

過去30年間の個人年金の加入動向

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

■目次

1――問題意識
2――個人年金をめぐる制度や環境の変化と販売動向等の推移
3――個人年金加入率の推移
4――まとめと示唆

■introduction

現在、政府では社会保障と税の一体改革の一部として年金改革の議論が進んでいる。そこでは、年金の一元化や無年金・低年金対策に加え、高所得者の減額やマクロ経済スライドの徹底など給付削減も検討されている模様であり、個人年金など公的年金以外の老後準備がますます重要になってくる。
公的年金が縮減され私的年金の位置づけが重くなるこのような傾向は今に始まったわけではなく、少子高齢化傾向が明らかになった1980年代から続いている。公的年金と私的年金を合わせた総合的な老後所得保障政策を考える上では、個人年金の加入動向が長期的にどのように変化してきたかを踏まえる必要があるだろう。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【過去30年間の個人年金の加入動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

過去30年間の個人年金の加入動向のレポート Topへ