2011年09月09日

8月マネー統計~資金需要は浮上せず

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 銀行貸出残高は対前年▲0.5%
・マネタリーベース:介入資金を市場に放置
・マネーストック: 流動性重視に変化なし

■introduction

日銀が発表した8月の貸出・資金吸収動向等によると、銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は▲0.5%と前月の同▲0.6%から若干マイナス幅が縮小したものの、21ヶ月連続の減少となった。企業の資金需要に力強さはみられず、震災以降のマイナス幅縮小の動きに停滞感が出てきている。
内訳では、都銀等が前年比▲2.6%減(前月は▲2.7%減)、地銀が同1.7%増(前月も同じ)と、都銀減地銀増の構造は変わらず。7月に統計開始以来初めて地銀の貸出残高が都銀等を逆転したが、8月も逆転状態が続いている。
大企業向けでは3月の震災以降、下げ止まり傾向が出てきているが、銀行貸出全体の4割強を占める中小企業向け貸出の減少が止まらない。中小企業向け貸出は2007年9月以降47ヵ月にわたって前年比マイナスが継続しており、この間の残高減少は13兆円に達している(図表1~4)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【8月マネー統計~資金需要は浮上せず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

8月マネー統計~資金需要は浮上せずのレポート Topへ