2011年03月25日

円高の影響と企業経営

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志
社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

2010年春以降の急速な円高による収益への影響は「マイナスの影響」が4割、「プラスの影響」が1割強とマイナス面が強い。15年前の円高ドル安局面と比べた実感も「今回の方が影響大」が有効回答の6割弱に達する。
企業の円高対応策は、コスト削減、為替予約の強化、生産の海外シフトと続き、政府に求める経済対策は「企業減税」が最多であった。この円高・デフレの構図にも、食糧、原油価格の高騰等々の環境変化の兆候があり、注視が必要である。

このレポートの関連カテゴリ

82_ext_01_0.jpg

経済研究部

上野 剛志 (うえの つよし)

62_ext_01_0.jpg

社会研究部

青山 正治 (あおやま まさはる)

レポート

アクセスランキング

【円高の影響と企業経営】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

円高の影響と企業経営のレポート Topへ