2011年03月01日

投資家の資産配分は保有する資産全体をみて決めているのか?

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

ポートフォリオ全体から見て最適な資産配分を決定するというのが合理的な投資方法である。それならば、確定拠出年金(DC)の加入者は、確定給付年金など他の退職給付制度を考慮して、DC での資産配分を決定すべきと言える。しかし、現実の投資家の行動は異なっている。

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【投資家の資産配分は保有する資産全体をみて決めているのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

投資家の資産配分は保有する資産全体をみて決めているのか?のレポート Topへ