2011年02月16日

2011・2012年度経済見通し~足踏み脱却後の日本経済

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<実質成長率:2010年度3.0%、2011年度1.8%、2012年度1.7%を予想>
  1. 2010年10-12月期の実質GDPは前期比▲0.3%(年率▲1.1%)と5四半期ぶりのマイナス成長となり、昨年秋以降の景気が足踏み状態にあったことを改めて確認するものとなった。
  2. しかし、輸出、生産など月次ベースの経済指標の多くは持ち直しに転じており、景気はすでに足踏みを脱却したと判断される。2011年1-3月期は輸出が再び景気の牽引役となる中、自動車、たばこの反動減一巡に伴い民間消費も増加に転じるため、再びプラス成長となることが予想される。
  3. (1)交易条件の悪化、(2)失業率の高止まり、(3)各種政策効果の剥落、などのリスク要因はあるものの、景気の回復基調は2012年度まで維持されるだろう。実質GDP成長率は2010年度が3.0%、2011年度が1.8%、2012年度が1.7%と予想する。
  4. コアCPIは高校授業料無償化の影響が一巡する2011年4月にはいったん前年比でプラスに転じるが、2011年8月に実施される消費者物価指数の基準改定(2005年基準→2010年基準)によって、上昇率は▲0.6ポイント程度下方改定されることが予想される。新基準のコアCPI上昇率は再びマイナスとなり、プラス転化は2012年度までずれ込む可能性が高いだろう。


実質GDP成長率の推移
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2011・2012年度経済見通し~足踏み脱却後の日本経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2011・2012年度経済見通し~足踏み脱却後の日本経済のレポート Topへ