2011年02月01日

改めてオルタナティブ投資の意味を考える

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

日銀による包括的な金融緩和政策の下では、低金利環境が継続し、他資産のリスクプレミアムも低水準となる可能性が高い。このような環境下では、利回りを求めオルタナティブ投資に目を向けがちとなるが、その前に、改めてオルタナティブ投資の意味合いを確認しておきたい。

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【改めてオルタナティブ投資の意味を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

改めてオルタナティブ投資の意味を考えるのレポート Topへ