2011年01月06日

米12月ISM指数は、製造業・非製造業とも上昇

  土肥原 晋

文字サイズ

■見出し

・製造業指数は57.0と7ヵ月ぶりの水準、非製造業指数は57.1の高水準に上昇
・製造業各指数では、生産・新規受注等の主要指数が大幅上昇:各指数別内訳の動向
・非製造業各指数では、事業活動・新規受注指数が大幅上昇

■introduction

米景気回復の加速が観測される中、12月ISM指数は、製造業PMIが57.0と前月比0.4ポイント上昇、非製造業NMIが57.1と同2.1ポイント上昇した。これにより、製造業指数では景況感の分かれ目となる50を17ヵ月連続で、非製造業では12ヵ月連続で維持したこととなる。
なお、製造業の内訳では、生産・新規受注指数の上昇がPMIを押し上げ、非製造業では事業活動・新規受注指数が大幅に上昇するなど、いずれも主要指数の貢献が大きかった。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米12月ISM指数は、製造業・非製造業とも上昇】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米12月ISM指数は、製造業・非製造業とも上昇のレポート Topへ