2010年10月18日

9月マネー統計:投資信託がついに前年比減少へ

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 政策の下支えがあっても減少が続く
・マネタリーベース: 日銀は介入資金を放置
・マネーストック: 投資信託がついに前年比減少へ

■introduction

日銀が発表した貸出・資金吸収動向等によると、9月の銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は▲1.8%と、10ヶ月連続の前年割れとなった。前月の同▲2.0%からはやや改善したが、ここ数ヶ月は▲2%前後での推移が続いている。地銀(第2地銀含む)は引き続き若干増加(前年比0.4%増)したが、都銀等(同▲3.9%)では大幅なマイナスが継続している。
政府・日銀はこれまで、資金繰り支援や資金需要創出のため、各種の政策を導入してきた。具体的には、「中小企業金融円滑化法」(6月末時点累計利用額約14兆円)、「景気対応緊急保証制度」(10月14日時点累計保証額約23兆円)、「成長基盤強化を支援するための資金供給」(第一回供給額4625億円)などだ。すなわち、現在の貸出残高はこれら政策で下支えされている面があり、これらを除いたベースではさらに深刻な状況となる(図表1~5)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【9月マネー統計:投資信託がついに前年比減少へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

9月マネー統計:投資信託がついに前年比減少へのレポート Topへ