2010年08月18日

2010・2011年度経済見通し~輸出減速下で正念場を迎える日本経済

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<実質成長率:2010年度2.0%、2011年度2.1%を予想>
  1. 2010年4-6月期の実質GDPは、前期比0.1%(年率0.4%)と3四半期連続のプラス成長となったものの、国内需要が3四半期ぶりに減少したことに加え、外需の押し上げ幅が縮小したため、1-3月期の前期比1.1%(年率4.4%)から急減速した。
  2. 米国をはじめとした海外経済の回復ペースが鈍化する中、円高が進展していることもあり、景気の牽引役となってきた輸出は減速し始めている。ただし、海外経済の回復基調は維持されているため、輸出の腰折れは回避されるだろう。
  3. 2010年7-9月期以降は、駆け込み需要とその後の反動減が成長率を大きく左右することとなる。7-9月期はエコカー補助制度終了、たばこ値上げ前の駆け込み需要によって個人消費が大きく押し上げられるため、前期比年率2%台と比較的高めの成長となることが予想される。しかし、10-12月期にはその反動から個人消費が大きく落ち込み、年率0%台の低成長となろう。
  4. 2011年度に入ると、米国をはじめとした海外経済の回復や円高の修正に伴い輸出が再加速し、設備投資の回復も本格化することなどから、年率2%台の成長が続くだろう。実質GDP成長率は2010年度が2.0%、2011年度が2.1%と予想する。
38876_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2010・2011年度経済見通し~輸出減速下で正念場を迎える日本経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2010・2011年度経済見通し~輸出減速下で正念場を迎える日本経済のレポート Topへ