2010年05月13日

4月マネー統計:銀行貸出は5ヶ月連続の前年比マイナスに

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 日銀の「成長基盤強化のための資金供給」の行方に注目
・主要銀行貸出動向アンケート調査: 資金需要の減少が継続
・マネタリーベース: 緩和姿勢は当面維持
・マネーストック: 通貨供給量の伸び率は再び上昇

■introduction

日銀が発表した貸出・資金吸収動向等によると、4月の銀行総貸出(平残)の前年同月比伸び率は▲1.8%と前月(▲2.0%)からマイナス幅がやや縮小したが、5ヶ月連続のマイナスとなった。
比較対象である09年4月はリーマン・ショック後の金融市場の混乱に伴う貸出増加時期にあたり、反動が出ている面もあるが、貸出残高自体が減少傾向にあり、資金需要の低迷が効いているようだ。
今後の注目点は、先月の日銀金融政策決定会合にて検討が表明された「成長基盤強化の観点から、民間金融機関による取り組みを資金供給面から支援する方法」だ。銀行貸出にとってはプラス要因になるだろうが、どの程度実効性のある仕組みになるかがポイントだ(図表1~4)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【4月マネー統計:銀行貸出は5ヶ月連続の前年比マイナスに】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月マネー統計:銀行貸出は5ヶ月連続の前年比マイナスにのレポート Topへ