2010年04月12日

3月マネー統計:銀行貸出は約4年半ぶりの前年比マイナス2%台

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 設備投資動向が今後のカギ
・マネタリーベース: 追加緩和を背景に高い水準をキープ
・マネーストック: 通貨供給量の伸びは緩やかに低下しつつも、引き続き高水準

■introduction

日銀が発表した貸出・資金吸収動向等によると、3月の銀行総貸出(平残)の前年同月比伸び率は▲2.0%と前月(▲1.6%)からマイナス幅が拡大した。マイナス2%台は2005年8月以来となる。
比較対象である09年3月はリーマン・ショック後の金融市場の混乱に伴う貸出急増のピークにあたり、その反動という面もあるが、資金需要の低迷も続いているようだ。短観の2010年度設備投資計画は前年度比▲3.9%と下げ止まり感が出ているが、今後企業の投資姿勢が積極化するかどうかが銀行貸出を左右するポイントになる。
なお、中小企業向け貸出は引き続き前年比▲3%台で推移している。短観の資金繰り判断D.I.も中小企業では依然水準が低く、倒産も過去のトレンドからは高止まりしている(図表1~6)。中小企業向けの政策サポートの効果が今後出てくるのか注目される(図表1~6)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【3月マネー統計:銀行貸出は約4年半ぶりの前年比マイナス2%台】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

3月マネー統計:銀行貸出は約4年半ぶりの前年比マイナス2%台のレポート Topへ