2010年04月09日

4月ECB政策理事会:適格担保要件の新方針はギリシャ支援色が濃い内容

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利の据え置きとオペの適格担保要件の新方針を決定
・質疑応答はギリシャ問題に集中
・金融政策の舵取りが難しい局面は続く

■introduction

3月25日のユーロ圏首脳会合で、財政危機に直面しているギリシャへの支援はユーロ参加国政府と国際通貨基金(IMF)との協調融資の形態をとることで合意したものの、支援の実効性を巡る懸念から、ギリシャのリスク指標はピークを更新、ギリシャの銀行に対する不安も広がっている。
こうした中で8日に開催された欧州中央銀行(ECB)の政策理事会では、政策金利の据え置きとともにオペの適格担保要件に関する新方針を決定したが、その内容はギリシャ支援の性格を帯びたものと解釈することができる。政策理事会後の記者会見における質疑応答は、支援策の実効性などギリシャ問題に集中した。トリシェ総裁は、ギリシャの自助努力が必要との立場を維持しつつ、ユーロ圏首脳の合意は「実効性のある枠組み」とし、ギリシャの債務不履行(デフォルト)の可能性を否定した。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【4月ECB政策理事会:適格担保要件の新方針はギリシャ支援色が濃い内容】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月ECB政策理事会:適格担保要件の新方針はギリシャ支援色が濃い内容のレポート Topへ