2009年12月25日

高齢者市場開拓に向けた要点

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

文字サイズ

■目次

1--------高齢者市場の拡大
2--------高齢者市場の捉え方
3--------高齢者市場開拓に向けた要点

■introduction

日本は今後ますます高齢化が進む。これまでは高齢化の「スピード」が注目されたが、今後は高齢者の数が増加する「規模の拡大」が注目される。人口に占める65歳以上の割合は、現在は約5人に1人程度であるが、2015年には4人に1人、2035年には3人に1人とその割合は高まっていく。このことは社会全体でみれば持続的な社会保障制度の構築、労働力確保といった問題が取り沙汰されるが、産業界にとっては新たなビジネスチャンスの期待として捉えることもできる。
例えば、世帯主が60歳以上世帯の年間消費額を高齢者市場と仮定してその規模を推計すると、2015年には72兆円、市場全体に占める割合は4割を超し、2030年には77兆円、同じく割合は約5割に達する見通しである。

41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

レポート

アクセスランキング

【高齢者市場開拓に向けた要点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者市場開拓に向けた要点のレポート Topへ