2009年09月28日

ピッツバーグG20(9/24-25):景気刺激策継続、不均衡是正に政策協調、報酬規制・自己資本比率規制強化で一致

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・短期的には経済刺激策継続、出口戦略は議論するが、実施は時期尚早
・世界経済の不均衡是正 協調が表明されたが、分野別には衝突も
・金融機関の報酬規制、自己資本比率強化は2012年末実施目標
・G20サミットの定例化が決まる 新興国の位置づけはさらに高まる
・サミットを受け7ヶ月のぶりの円高進展

■introduction

25日に閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議は、持続力ある回復を確実にするまで景気刺激策を継続するとともに、世界経済の不均衡是正に向けて政策協調などに各国が取り組むことを表明した共同声明を採択した。
金融危機の再発阻止に向け、「金融情勢の改善と景気回復」を担保に、銀行の自己資本比率規制の強化を2012年末までに段階実施することで一致した。G20は今後、国際的な経済協力を議論する中心的な場として、定例開催することも決定した。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【ピッツバーグG20(9/24-25):景気刺激策継続、不均衡是正に政策協調、報酬規制・自己資本比率規制強化で一致】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ピッツバーグG20(9/24-25):景気刺激策継続、不均衡是正に政策協調、報酬規制・自己資本比率規制強化で一致のレポート Topへ