2009年09月25日

欧州発金融危機再燃のリスク

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

リーマン・ショック後、金融混乱と深刻な景気後退に陥った欧州では固定相場制の下で競争力の低下と経常赤字の拡大が進んでいたユーロ圏の周辺国や一部の中東欧諸国の立ち遅れが目立ってきた。
これらの国々の規模は小さいが、EU域内市場の伝播力は強いため、金融危機再燃の引き金になるおそれがある。協調的な金融再生への取り組み、慎重な金融政策運営が望まれる。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州発金融危機再燃のリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州発金融危機再燃のリスクのレポート Topへ