2009年08月03日

株式の長期投資と日本経済

京都大学経営管理大学院   川北 英隆

文字サイズ

日本の株式市場が短期化しているのは問題である。年金に代表される長期投資家の存在感が増し、短期と長期のバランス回復が望まれる。では、長期投資は報われるのだろうか。値上がり損益と配当を含めた投資収益率について5年間の平均値を計算すると、2003年以降は国債流通利回りを上回っている。日本経済が立ち直れば、株式の長期投資が報われるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

京都大学経営管理大学院

川北 英隆

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【株式の長期投資と日本経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式の長期投資と日本経済のレポート Topへ