2009年05月22日

5月日銀決定会合:2年10ヶ月ぶりに景気判断を上方修正、外債担保

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・ゼロ金利解除以来の景況感の上方修正 : フリーフォールがとまっただけ
・外債担保: いざというときのセイフティーネットの拡大

■introduction

日銀は22日、金融政策決定会合で、現状の景気判断を先月までの「大幅に悪化している」から、「悪化を続けているが、輸出や生産は下げ止まりつつある」に上方修正した。景気判断を上方修正するのはゼロ金利政策を解除した2006年7月以来、2年10カ月ぶりとなる。
また、資金供給の担保に米、英、独、仏の国債を加えることも決定した。外銀の円資金需要は改善している。いままでの政策同様、外銀の円資金調達におけるセイフティーネットとしての位置付けと見ていいだろう。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【5月日銀決定会合:2年10ヶ月ぶりに景気判断を上方修正、外債担保】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

5月日銀決定会合:2年10ヶ月ぶりに景気判断を上方修正、外債担保のレポート Topへ